インドア国散歩

ヘタリア連載とグッズ、その他ひまさん情報いろいろブログです。

ウクライナさんとベラルーシさん

8月24日はウクライナさん、25日はベラルーシさんのお誕生日でした。
そんなわけで1週間遅れになってしまいましたが、2人のお誕生日についてまとめてみました。
ただかなりごちゃごちゃしてしまったので、興味がおありの方はwikipediaの方御確認頂けたら幸いです。特にカットしまくりのウクライナさん。・゚・(ノД`)・゚・。
それでは2人の誕生日まで、ウクライナさんからですヽ(=´▽`=)ノ

ウクライナさんの誕生日
1991年8月24日、ソ連が崩壊しウクライナは独立を宣言しました。
これを記念してウクライナでは8月24日が独立記念日(День Незалежності)とされているそうです。

ウクライナがロシアの支配を受けるまで
15世紀後半に、ウクライナの草原で「コサック」という武人の共同体が成立しました。
コサックは16世紀から17世紀前半にかけてポーランド・リトアニアの国王の臣下でしたが、国王の支配が及ばない地域に住み、軍人の特権と自治制を持っていました。ポーランド・リトアニアの援軍として働き活躍しましたが、貴族でないコサックは貴族の国家であるポーランド・リトアニアにおいて迫害を受け、しばしば反乱を起こしました。
1648年の「フメリニツキーの乱」は、次第にポーランドからウクライナの独立戦争に変わり、ウクライナには「コサック」という独自の国家が誕生しました。
ロシアとはポーランドと戦うため当初は協力関係にあったのですが、コサックの将軍にロシア人が選ばれたことが大きなきっかけとなり、ウクライナ・ロシア戦争勃発。
以降荒廃時代とよばれるウクライナ内戦が始まり、その結果右岸ウクライナのコサックはポーランド・リトアニアの支配下に置かれ、左岸ウクライナとザポロージャはロシアの保護下に置かれました。

ウクライナのロシア化
1709年に、大北方戦争の際、ロシアの保護国とされていたコサックは、スウェーデンと同盟を結び、ロシアの支配から離脱しようしましたが惨敗。これを理由にして、ロシア政府は、ウクライナにおけるコサックの自治制を廃止する政策に乗り出しました。
その後、ロシア・ウクライナの関税国境を廃止、コサック将軍の位を廃止(最後の将軍はロシアの元帥に)。1781年にはコサック自治制が廃止、1783年に、ロシア国内にならってウクライナで農奴制が敷かれ、ウクライナのロシア化が進められ、ウクライナ語の教科書や児童書、更には出版物が禁止されました。

ウクライナ独立戦争(ごちゃごちゃしてしまったので箇条書きです(_ _;))
・1917年に2月革命によりロシア帝政が崩壊しそれに伴いキエフでウクライナ中央議会が成立、ウクライナ人民共和国の樹立を宣言。
・ウクライナ・ソビエト戦争が勃発後、1918年1月9日にウクライナ人民共和国の独立を宣言。
・中央議会に代わってスコロパードシキー大将の政権が成立。国号はウクライナ国に。
・ドイツの連合国降伏により国号は再びウクライナ人民共和国に。
・ドイツ軍の撤退により、再びウクライナ・ソビエト戦争開始。
・1919年1月6日にロシア傀儡政権としてウクライナ社会主義ソビエト共和国樹立。
・1921年3月18日のリガ条約によって、西ウクライナのポーランド支配が確定。
・1922年12月30日、ロシア、ベラルーシ、ザカフカスと共に同盟条約によってソビエト連邦を結成
・1937年、ウクライナで大粛清。この年、ウクライナ社会主義ソビエト共和国は国号をウクライナ・ソビエト社会主義共和国へと変更。
・1941年から独ソ戦。ソ連側の勝利によってウクライナにおける共産党の支配が強化され、また中欧の諸国ではソ連系の政権が確立。

戦後と独立
戦後は白ロシア共和国(現ベラルーシ)と共にソ連とは別に国際連合加盟国として国連総会に議席を持ち、1948年から2年間と1984年から2年間は非常任理事国も務めました。
しかし現実は、ウクライナは相変わらず「ソ連の一部」止まりであり、「ロシア化」が進められた。スターリンの死後、大粛清の犠牲になったウクライナ人の名誉回復がなされ、ウクライナ文化の再興が水面下で活発化しました。

チェルノブイリ原発事故後、ソ連はゴルバチョフの「ペレストロイカ(ビエト連邦の政治を民主的な方向に改良していく改革)」の時代を迎えており、ウクライナでは「ペレブドーヴァ」と呼ばれる改革・開放を求める運動がおきました。
そして1989年、ウクライナ語の公用化が実現。東欧における民主革命の成功も受けて、ウクライナ民族運動は最高潮に。
1990年1月22日、大勢のウクライナ人は手と手を繋いで長い「人間の鎖」を作り上げたました。
3月には民主的な最高会議(国会)議員選挙が実現、民主勢力が大きな勢力を占め、7月には最高会議は「主権宣言」を採択。様々な国家の権利をソ連から取り戻すことを宣言し、非核三原則も採択しました。
そして8月24日に最高会議はウクライナの独立を宣言、国名から「人民共和国」を削除。国民投票でも、圧倒的に独立が支持され、ついにウクライナの独立は達成されました。


ベラルーシさんの誕生日
1991年の8月25日、ベラルーシはソ連より独立の承認を受けました
なお独立記念日自体は、1944年首都ミンスクがドイツ軍から解放された7月3日だそうで、8月25日自体は記念日とはされていないそうです。

ベラルーシが白ロシアになるまで
1385年、ポーランド・リトアニア合同が成立すると、ベラルーシを含むリトアニア大公国全域の貴族の間で「ポーランド化」が始まりました。
1569年にルブリンの合同により「ポーランド・リトアニア共和国」ポーランド化がさらに進み、リトアニア人とベラルーシ人を含むリトアニア大公国のほぼすべての貴族がポーランド化。ポーランド・リトアニア共和国国内に住んでいたベラルーシ人、リトアニア人、ウクライナ人、ドイツ人などが「自分たちはポーランド人ではない」という国民国家の民族意識をはっきりと持つようになったのは19世紀よりも後のことになるそうです。
17世紀「ポーランド・リトアニア共和国」はロシア帝国の支配下となり、ベラルーシと(ベロルシア(ロシア語:Белоруссия ビラルースィヤ)という名前もこの時定められました。

第一次世界大戦以降
1917年にロシア革命、そしてドイツ軍の占領が終わった後、1918年に初の独立国となる『ベラルーシ人民共和国』が樹立されました。
しかしこの政権は短命に終わり、1919年には白ロシア・ソビエト社会主義共和国が成立。1922年にはソビエト社会主義共和国連邦に加盟しました。
1939年、第二次世界大戦により、ソ連軍はポーランドに侵攻。ポーランドに割譲されていた領土を白ロシアに編入しました。
1941年からドイツ国防軍に占領されていたが、1944年にソ連に復帰。第二次世界大戦が終わると、ベラルーシ全域がソ連領ベラルーシ共和国となりました。
1990年7月27日に独立宣言(主権宣言)を行い、1991年8月25日に独立が承認
ソ連崩壊直後の1991年9月15日に国号をベラルーシ語を尊重した「ベラルーシ」に定めました。

wikipedia:ウクライナ/ロシア化/ベラルーシ

間違い等気付き次第、適宜修正していきます(_ _;)

9月2日追記:拍手ありがとうございます!
それからウクライナさん一か所追記しましたm(_ _)m

9月5日追記:拍手ありがとうございますヽ(=´▽`=)ノ
旧ソビエト圏の国々はいつかちゃんと勉強してみたいです(`・ω・´)ゞ
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する