インドア国散歩

ヘタリア連載とグッズ、その他ひまさん情報いろいろブログです。

驚きの英国史/コリン・ジョイス 感想

一月ぶりの本紹介!今回は世界史の本ではなく軽めのイギリス史の本ですヾ(*´∀`*)ノ
驚きの英国史 (NHK出版新書 380)驚きの英国史 (NHK出版新書 380)
(2012/06/07)
コリン・ジョイス

商品詳細を見る
彼らは何に立ち向かってきたか
「Keep Calm and Carry On(落ち着いて行動しましょう)」。第二次大戦中、市中に貼られたポスターのコピーは、イギリス人の「自画像」にぴたりとはまった。その国がなぜフォークランド紛争で、あれほど盛り上がってしまったのか。神話・伝説の時代から現代まで、イギリスの今を形作ってきた歴史の断片を丹念に拾い集め、その興味深い実像へと迫っていく。
(Amazon内容紹介より)

一般的な歴史の本と言うと、建国もしくはそれ以前から始まり、現代のその国について語って締めるというのが多い気がしますが、この本はそういった形式の本でありません。
日本で暮らしていた英国人記者である作者・コリン・ジョイス氏が「面白い!」と思ったエピソードをフリーダムに紹介していくという本で、ちょっと「ヘタリア」に似ているように感じました。

本の内容は、第二次世界大戦の「クリスマス休戦」に当時のプロパガンダポスターの内容、ノルマンコンクエスト、タイタニックが作られた工場と当時のアイルランドとの対立、英国海軍のとんでも徴兵制とその名残、さらにはなぜマラソンの距離が42.195kmに決められたのかなどなど。
先日のBiRZで登場(?)したヘンリー8世も、しっかり登場しています。

この本は時系列完全無視で、各章毎に一つの歴史を紹介するという形になっています。
しかし、そこからその頃の背景や王族の思惑、人々の思想などあちらこちらへと飛びまわるので、歴史の本と言うよりは歴史を主軸に置いたエッセイという印象を受けました。
世界史の中・英国史の中での重要性、後世への影響ということはひとまず置いて、軽妙な語り口で語られるエピソードは、どれもとても面白かったです。
以前ご紹介した「とびきり愉快なイギリス史」も児童向けで面白かったのですが、あちらはあくまで歴史について説明する本。
対してこちらは、理解よりもまず色んな面白歴史エピソードのことを話したい!聴いてほしい!というのが一番にあるようで、次はどんな話が出てくるのだろう?とワクワクしながら読みました。
何より「イギリスの歴史」を全く知らなくても、単純に楽しめるというのは大きいです。
ただ、この本だと歴史の枝葉はしっかり記憶できても、純粋に勉強したいという方には向かないかもしれないです(;´▽`A

またもう一つ珍しいところで、この本の作者はイギリス・イングランドの方なのですが、あくまで日本人読者向けに書かれた本になっています。
たとえばイギリス海軍のエピソードの中に東郷平八郎の言葉を織り交ぜて紹介したり、イギリスにキリスト伝来というとんでも伝説に青森のキリストの墓との共通点をあげたりされています。

それから、個人的に面白かったのはゴダイヴァ夫人のエピソード。
夫である伯爵に税を下げることを訴えるため、全裸で馬に乗り町を回ったとされる人物です。
彼女を見た男の目が見えなくなったなど、実在の人物と言うよりもアーサー王のような伝説的に語られる部分も多い彼女ですが、彼女のエピソードに因み、「紳士の国」イギリスで、どれだけ「裸」というものが忌避されているかが語られていて、色々と面白かったです(ノ∀`)

なお、コリン・ジョイスさんのコラムは、アメリカ週刊誌「ニューズ・ウィーク」オンライン日本語版で読むことが出来ます。
この本は日本人の翻訳の方が付かれていますが、文章の雰囲気などは「ニューズ・ウィーク」のものとほとんど変わらないので、この文章が合う方は「驚きの英国史」も楽しめるのではないかと思います。

「ニューズ・ウィーク」オンライン日本語版内ブログ「A Stranger in England」リンク:http://www.newsweekjapan.jp/joyce/2011/05/post-42.php

11月17日追記:拍手ありがとうございます!
それから拍手からコメント下さった方、ちょっと恥ずかしいですけどすごく嬉しいです!
本当にありがとうございます(*´▽`*)

11月19日追記:また拍手ありがとうございます!!
英国史や歴史トリビアなんかが好きな方は楽しめるかと思いますので、そういった作品が好きな方には全力でおすすめします (`・ω・́)ゝ
それから文中でちょろっとご紹介した「とびきり愉快なイギリス史」の感想はこちらになります。
「驚きの英国史」とは毛色が異なりますが、こちらも面白いのでおすすめです♪

2014/09/08追記:拍手ありがとうございます!
いくつか面白そうな本を積んでいるので、そちら読みましたらまたご紹介したいです(`・ω・´)ゞ
関連記事
[ 2012/11/15 23:12 ] 世界史関連書籍 | コメント(2) | Edit
初めまして!
毎日ブログを拝見しています!
私もイギリス史が気に入っていますが、もし、ひなこさんが英語が得意で、読めれば、イングランド人の John O'Farrell が書いた An Utterly Impartial History of Britain: or 2000 Years of Upperclass Idiots in Charge と言う本がおすすめですよ!
イギリス人ならではの皮肉やジョークが歴史と入り込められていて、もの凄く笑えますし、面白いですよ!いかがでしょうか?

いつも、ブログのアップデートありがとうございます!
[ 2012/11/16 22:37 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
thallyさん初めまして!
イギリス史の本、教えて下さってありがとうございますm(_ _)m
「An Utterly Impartial History of Britain: or 2000 Years of Upperclass Idiots in Charge」とても面白そうな本ですね!
私は英語があまり得意ではないのですが(それこそ本の紹介までgoogle翻訳に頼ってしまうくらいに)、この本は読んでみたくなりました。
何より生のブリティッシュジョークで書かれたイギリス史の本なら、ぜひチャレンジしてみたいです!

それから、こちらこそいつもブログをご覧下さって、本当にありがとうございます!
コメントも嬉しかったです!ありがとうございましたヾ(*´∀`*)ノ
[ 2012/11/17 00:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する