インドア国散歩

ヘタリア連載とグッズ、その他ひまさん情報いろいろブログです。

『ヘタリア Axis Powers アンソロジー ①』 各話・イラスト登場国とネタバレ感想

※ネタバレ注意※
イラスト・漫画ネタバレ感想です。好きな話が多くて、無駄に長くなってしまいました。
特に好きな漫画には面白かったとか書いてますが、どれも面白かったのであんまり気にしないでください(ノ∀`)
2月には第2巻も発売されるということで、今からとっても楽しみです!
また全漫画の1ページ目がコミックナタリーで確認できますので、ぜひそちらもご参考ください(≧▽≦)つコミックナタリー
それからツイッターでおまけ絵をアップされてる方が何名かいらっしゃったので、そちらもリンクを貼っています。
2月24日追記:ヘタリアアンソロ2巻感想もアップしました!
『ヘタリア Axis Powers アンソロジー ②』 各話・イラスト登場国まとめと感想

イラスト
表紙
ひまさん:イタリア
カラー口絵
ひまさん:イタリア(アニメイト特典イラスト)
唐々煙:枢軸とポチくん全身メインに背後にロマーノとプロイセン。
紋章のような各国モチーフで縁取ったファンタジーで格好いいイラストでした。
えすとえむ:仮面が壊れた戦闘モードトルコさん。と小さくイタリア(作者さんトルコ関連写真ツイート
いらすとや:枢軸連合。ピエールやパンダもいます(枢軸絵もアップされてました
1cイラスト
皇なつき:日本家屋の日本とイタリア。猫も描かれていますがタマではなかったです。
亜沙美:ミクロネーションズ。ポップで可愛いです!
大きいシーランドに3頭身くらいのセボルガ、ラドニア、ワイ、クーゲルムーゲル、ハットリバー、モロッシアが描かれています。

漫画
鳥屋「仲直りの法則」/14ページ
登場国:ドイツ・イタリアメイン、日本・フランス・スペイン・イギリス、背中だけ神聖ローマ
-------------------------------------------
一番好きなお話です。
酔っ払ったドイツさんとイタリアさんが大喧嘩。
謝罪をしようとするもうまく出来ないドイツさんに、日本さんやプロイセンさん、フランスさんが助言したり突いてくるお話。
スペインさんも登場しますが、トマト作ったり潰されたりしてるだけなのが可哀想で可愛かったです。
全体的にみんな口が悪く遠慮もないので、なんだかキタユメ。様のヘタリアを連想しました。
テンション高めのギャグですが、1ページだけ神聖ローマとちびたりあ(どちらも背中だけ)の回想も。
もっとも、この時語ってるのはプロイセンさんだったので……。
それからイギリスさんも、ほんのちょっとだけ登場(フランスの台詞にツッコミ)しています。
またツイッターでフランスさん以外の連合4国イラストをアップされていたのですが、ついフランスさんハブで二次会なエピソードを連想してしまいました(ノ∀`)つ鳥屋さんツイート
あと読み直して気付いたのですが、フランスさん登場シーンからずっと全裸だこれ。

桑田乃梨子「兄弟船的な」/8ページ
登場国:ロマーノメイン。枢軸・アメリカ・イギリス・カナダ
-------------------------------------------
唯一元々単行本を買っていた漫画家さん。
学ランパロで、ロマーノさんが天真爛漫なイタリアさんにちょっと嫉妬しつつ、色んな国に話しかけられるというお話です。
台詞回しや間の取り方が独特な作家さんなのですが、そのせいかキャラの掛け合いや言動にちょっと違和感がありました。

連打一人 ショート漫画色々/11ページ
短編盛りだくさんで、しかもどれも可愛くてヘタリアっぽくて面白かったです!
サスペンスホラーを描かれてる方だそうでドキドキしていたのですが、可愛い漫画ばかりでした!
-------------------------------------------
「Hero First」宇宙侵略対策会議/4ページ
登場国:アメリカメイン。枢軸・イギリス・フランス、最後のページに伊もち?と日もち?
全体的に面白かったのですが、ラストのコミケシーンでいきなり出現してたフランスさん(女装)がツボでした。
「ねこたりあ パリジャンのゆううつ」/2ページ
登場ねこ:フランスねこ・イタリアねこ・日本ねこ
パリジャンが嫌いなパリジャン。フランスねこがとってもフランスねこでした。
「ねこたりあ 猫様ランチ」/1ページ
登場ねこ:イタリアねこ・日本ねこ・中国ねこ
自分ちの猫缶に国旗を指して喜ぶイタリアねこと日本ねこ。
しかし自分ちの猫缶を見る中国猫さんの目は……というお話でした。
ヘタリア単行本にあった、自分ちの猫缶を警戒しまくった中国猫さんのその後っぽかったです(ΦωΦ)
「イタリアより愛をこめて」枢軸記念写真/4ページ
登場国:枢軸
枢軸でSNSに写真をアップしよう!な漫画。
話もかわいいのですが、写真投稿画面の「Hetaliagram」が、キタユメ。様イベントの一幕(Hetatubeとか)のようで嬉しかったです。

あくた琳子「北の国狂想曲」/6ページ
登場国:北欧・イタリア・ちょっとドイツと日本
-------------------------------------------
普通にキタユメ。様 イベント回(海賊北欧ハロウィン回)の話してるのですがΣ(゚Д゚)
内容は北欧のハロウィン仮装対策会議に、イタリアさんがスパイとして潜り込むお話です。
もっとも速攻でバレて(バラして?)、普通に会議に参加しちゃってるのですが。
北欧らしい、ほのぼの可愛いお話でした。

雪子「冬日和」/8ページ
登場国:枢軸
-------------------------------------------
コタツでダラダラ枢軸4コマ。鍋を突いたり雪だるま作ったりでゆるいです。
会話の隙間に、ドイツさんが日本式雪だるまにツッコミを入れたりな国ネタもあり。
二人称間違いとかあったのですが、個人的にはあんまり気にならず。
頭身低めな絵柄も可愛かったです。

揚立しの「年越しの夜は」/10ページ
登場国:イタリア・日本メイン、スペイン・ドイツ、ちょこっとデンマークとスイス
-------------------------------------------
この話好きです!
コタツでまったりしながら、イタリアさんと日本さんが各国のお正月のことを話すというエピソード。
状況は全く違うのですが、学ヘタ枢軸のクリスマスインタビュー回を思い出しました。
乱入するスペインさんちの早食いぶどう、デンマークさんちの皿割りに、スイスさんちのアイス落とし。
デンマークさんとスイスさんは会話に出るだけで登場はないのですが、どのエピソードも面白かったです。
御本家の赤いパンツネタもガッツリ組み込まれています。
でも終盤はちょっと切なく。ドイツさんち花火1年に1回しか出来ないのか……。
ラストの枢軸も良かったです。

松羅弁当 8コマ漫画と2ページ漫画/8ページ
登場国:枢軸・スイス・ベルギー・フランス・ロマーノ・ロシア・ベラルーシ
-------------------------------------------
全体的に、ミリネタ・文化ネタが好きな人が頑張ってヘタリア二次描いたよ!感がありました。
内容は伊白日のファッション事情、ロマーノさんちの民族問題、怖すぎるベラルーシさんと怯えるロシアさん、オリンピュアロマンとギリシャさん、イタリア発明陸軍迷彩、日本さんの控えめな自己主張など。
イタリアさんと日本さん周辺がちょっと違う気がしましたが、ドヤドヤロマーノさんとかとか、依存してくるギリシャさんとかは、その国っぽくて良かったです(o-∀-o)
ちなみにこの回以降、ベルギーさんが大活躍します。

祀木円「うちのごはん」/4ページ
登場国:イギリス・アメリカ・イタリア
-------------------------------------------
家に来るイタリアをもてなすために、イギリスが料理を頑張る話。
他の話と比べると、落ち着いたテンションの普通の話です。
なのですが、全体的に台詞がひまさんテイストで、実際にこんな会話しそうだ!と思いながら読みました。
いい話と見せかけて、妙な方向に行っちゃうのもイギリスさんぽい。
イタリアさんがずっと目閉じ&口開きっぱなしなのも、ゆるキャラみたいで可愛かったです。
ツイッターでアメリカさんイラストをツイートしてくださってたので、そちらにもリンクを貼っておきます( ´∀`)つアメリカさんツイート

露木彩「世界女子会議」/8ページ
登場国:ベルギーメイン、リヒテンシュタイン・ウクライナ・ベラルーシ(とちょっとロシア)・台湾・ハンガリー、写真のみオーストリア
-------------------------------------------
SNSの投稿に悩むベルギーさんと女の子国家の話。
ベトナムさんがいません(ミクロも入れたらワイちゃんもですが)。
キャラの再現は良かったんです!!
ロシアさん隠し撮りツイートを堂々と見せるベラルーシさんに、それを微笑ましそうに説明するウクライナさん。
コスプレしてる台湾ちゃんに、オーストリアさんの写真を撮ってる(そしてプロイセンさんに口を出される)ハンガリーさん。
それから、英仏両方にスマホ持ちさせられてるセーシェルさん。
女の子はこの回しか出ない子も多いのですが、みんな可愛くて。
だからこそ、なんでベトナムさんいないんだ??!と思いながら読みました。
ベトナムさん、あんまりSNSしなさそうだからかなあ。面白かっただけに寂しかったです。

江口カイム「魔術部マジカルお化け屋敷」/12ページ
登場国:ルーマニア・ギリシャ・ベルギー・新聞部枢軸・ちょこっとフランス・ロマーノ・オランダ・イギリス
モブ
1コマ目:アメリカ・カナダ・オーストラリア(他にもいるのですが不明)
最後のページのお化け屋敷入り口シーン:
ウクライナ・ベラルーシ・リトアニア・ポーランド・ラトビア・エストニア・オーストリア・ハンガリー
※全員後ろ姿+髪型からの推測なので、間違ってる可能性大です。
特にラトビア・エストニア・オーストリア・ハンガリーが怪しい……。
-------------------------------------------
面白かったです。
魔術部ルーマニアさんが、ギリシャさんとベルギーさんの知恵を借り、お化け屋敷を作るというエピソード。
ご本家にはない謎の組み合わせなのですが、一緒に活動する流れが自然で全く違和感がありませんでした。
悪魔に取り憑かれた人だとか、地獄の辞典とか、一応サブカルホラー寄りの内容なのにゆるい解説ばかりなのも楽しい。
特にフランドル地方のシュール骸骨とネーデルラントの謎センスは、詳しく調べてみたくなりました。
ちなみに他の作者さんの場合は、欄外に参考書籍が書かれていることが多いのですが、この方はそういったものが何もなし。
ツイッター拝見したら、魔術や悪魔などの漫画を描かれてる方だそうで、元々知識があられる方なのかなと思いました。
ギリシャ・ベルギーのお化け豆知識はもちろん、ドヤ顔でも目は閉じてるイタリアさん、淡々とファウストのストーリーを語るドイツさん、敬語でツッコむ日本さんに謎擬音と、ヘタリア再現ぶりも素晴らしかったです!
枢軸と比べると出番少なめなルーマニアさんベルギーさん、ギリシャさんも違和感なし。
ルーマニアさんの口調とか難しそうな気がするのですが、違和感なしなのがすごいです。
ヘタリアな内容はもちろん、魔術な小ネタも楽しかったです(≧▽≦)ノシ

石川チカ「眉毛と毛」/10ページ
登場国:イギリスメイン、ドイツ・イタリア・アメリカ
-------------------------------------------
タイトル酷いなと思ったら、ツイッターでフォロー(?)されてました:石川チカさんツイート
内容は、妖精さんの中にアメリカさんち産っぽい何かが紛れてる漫画。
芋デレドイツさんでオチが着いてましたが、このモンスター結局何者だったんだろう……。
服装的にWW2っぽいのですが、妖精さんと戯れるイギリス・読書中ドイツ・フラフライタリアという状況も謎。
話自体はとっても面白かったのですが、冷静に読み返したら謎だらけな漫画でした。

コメント
全作者さんの「友達になりたい国」と「コメント」「プロフィール」掲載。
友達になりたい国はドイツさんが大人気でした。 
コメントでは、多分ヘタリアお好きなんだろうなと思った鳥屋さんと江口さんが、それらしいコメントをされていて嬉しかったです(〃∇〃)
プロフィールは作者さん自身が書かれているので、長かったり短かったりで色々でした。
またひまさんの長めなコメント(すごい先生方にご寄稿いただけてびっくり、色んなヘタリアが見られて面白くて楽しかった等)も掲載されていました。

※11月25日追記:拍手ありがとうございますヽ(=´▽`=)ノ 
それからすみません、松羅弁当さんにスイスさんが抜けてましたので追記しました。
また江口さん漫画のモブぽいキャラが全員ヘタの人達みたいだったので、そちらも追記しました。
旧ソビエト面々、ほとんどいないなと思っていたので、(多分)出てくれていて嬉しいです!
江口さん、メインで登場されてる国もみんな可愛かったので、ぜひまた第2巻でも描いて頂きたいです(≧▽≦)ノシ
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する