インドア国散歩

ヘタリア連載とグッズ、その他ひまさん情報いろいろブログです。

『ヘタリア Axis Powers アンソロジー ②』 各話・イラスト登場国まとめと感想

「ヘタリア Axis Powers アンソロジー」② 電子書籍試し読み公開中
本日発売のヘタリアアンソロ第2弾、漫画全12話1ページ目が試し読み出来ますので、Amazon・楽天その他電子書籍サイトで探されてみてください(≧▽≦)つ楽天Kobo
以下登場国まとめ。ネタバレ要素は多分ないかと思います。
22:10追記:ネタバレあり感想もアップしました!
ネタバレ大丈夫な方は、そちらご参考いただけると幸いです( ´∀`)つ『ヘタリア Axis Powers アンソロジー ②』 各話・イラストネタバレ感想
また、イタリアさん表紙のアンソロ1巻感想は、こちらからご覧ください(=´▽`=)ノ

全12話 各国登場回数
-------------------------------------------
11話:イタリア
8話:日本
6話:ドイツ
4話:イギリス・アメリカ
2話:リヒテンシュタイン・オーストリア・スイス・プロイセン・スペイン・フランス
1話:トルコ・ギリシャ・台湾・ハンガリー・中国・ぽちくん・ロマーノ・小鳥
イラストのみ:ローマ帝国・アイスランド・プロイセン猫・スペイン猫・フランス猫・ピエール
-------------------------------------------
順番は概ね活躍した順です。
全体的に印象が強かったのが日本さん。
出番の多さもありますが、問題提起的役割&メインのことも多かったので、たくさん活躍していたように思います。
個人的には、コメディとシリアス(アンソロ唯一のシリアスでした)2作で主役だったリヒテンシュタインさんも印象的でした。
1話勢も、格好良かったり可愛かったりで出番が多かったので、楽しめるかなと思います。
ただロマーノさんとフランスさんは、どちらもちょこっとだけの登場なので、この2国に期待すると残念かもしれません。

それから、イラストも楽しかったです。
帯にも描かれていたさいとう・たかをさんが、どう考えても漫画を読んでいないと出てこないネタを描かれていてびっくりしました!
唐々煙さんのイラストも、メイン3国もですがねこたりあ3匹がとても可愛かったです(ΦωΦ)

話は前回同様にコメディとほのぼの多めで、気軽に読めるのが良かったです。
シリアスは先にも書いたリヒテンシュタインさんの話のみで、御本家の話に沿った綺麗なお話でした。
ただ登場国は、前回以上に登場に偏りがあったのは、ちょっと残念でした。
特に連合のロシアさんが、イラスト含め登場ゼロで、ソビエトデイズ面々もなしだったのは残念です。
関連記事:『ヘタリア Axis Powers アンソロジー ①』 各話・イラスト登場国とネタバレ感想

執筆者さん別、漫画登場国は次の通り。
-------------------------------------------
表紙&口絵
日丸屋秀和:ドイツ・日本
口絵
唐々煙:スペイン・プロイセン・フランス・ピエール・小鳥・スペイン猫・プロイセン猫・フランス猫(小さくドイツ・ハンガリー・イタリア・ロマーノ)
星野リリィ:イタリア・ドイツ・日本・イギリス・アメリカ
リカチ:日本メイン、顔のみイタリア・ドイツ・アメリカ・イギリス・フランス・中国
いらすとや:スペイン・プロイセン・オーストリア・ロマーノ・ハンガリー
三月えみ:枢軸・イギリス・アメリカ・フランス
1cイラスト
さいとう・たかを:ローマ帝国・ドイツ
小林ユミヲ:アイスランド・パフィン
三家本礼:イタリア

漫画
えすとえむ:日本・トルコ・ギリシャ・スペイン・イタリア
芥河和真:日本・ぽちくん・イタリア・ドイツ
両角潤香:リヒテンシュタイン・オーストリア・イタリア・スイス
ちょぼらうにょぽみ:日本・イタリア・ドイツ
泡沫:日本・イタリア・アメリカ・ドイツ・イギリス
TOもえ:台湾・イタリア・日本
ゆっこ:イギリス・ドイツ・イタリア・ロマーノ・アメリカ
秋月壱葉:日本・ドイツ・イギリス・イタリア・アメリカ
稲空穂:中国・イタリア・ドイツ・日本
白川蟻ん:リヒテンシュタイン・スイス・イタリア
IRIASU:イギリス・日本・イタリア・アメリカ・プロイセン・スペイン・フランス・シナティちゃん風アイテム
石川チカ:オーストリア・プロイセン・ハンガリー・フランス
-------------------------------------------
以上です(`・ω・´)ゞ

関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する