インドア国散歩

ヘタリア連載とグッズ、その他ひまさん情報いろいろブログです。

イギリス旅行記7・8日目(最終日) ロンドン→ヒーバー城→帰国+旅行感想

ヘタリア World☆Stars 登場地(?)、ラストのヒーバー城に行ってきました!

7日目
お約束ということで。
バッキンガム宮殿+衛兵交代式
バッキンガム宮殿
人が多いです!
衛兵交代式を半分ほど見て早々に離脱したのですが、バッキンガム宮殿前はこれ以上の人の多さでした。
肝心の衛兵交代式は、全部動画で撮ってしまったので割愛(_ _;)
ミュージカル楽曲など、耳に馴染んだ曲も多く演奏されていて面白かったです。

マールバラハウス
マールバラハウス
バッキンガム宮殿すぐ傍、イギリス連邦事務局。
正面には、英連邦加盟国の国旗が多数立てられています。
ニュージーランドさんやオーストラリアさん、セーシェルさんたちの国旗がないかと探してみたのですが、残念ながらよくわかりませんでした。

バッキンガム宮殿から、セントジェームスパーク↓を突っ切って徒歩5分の衛兵博物館。
セントジェームスパーク

独立戦争軍服があるそうなのですが
兵隊行進
兵隊さんが行進中で行けませんでした。でも兵隊さんは格好良かったです!

こちらは「ブルーベルの森で」に出ていたトラファルガー広場…に建っているネルソン提督の柱。
トラファルガー広場ネルソン提督

バンケティング・ハウス
購入していたロンドンパスで無料で入れたので、ついでに入場。
バンケティングハウス
天井画が大変綺麗でした。
床にはクッションが複数置かれていて、クッションでゴロゴロしながら天井画が眺められるという素敵仕様です(*´∀`*)

その後ホテルに戻って荷物をとって、最後の目的地ヒーバー城へ!
途中で乗換駅から徒歩5分にある「ゴールデン・ハインド号」も覗きます。
ゴールデン・ハインド号
ゴールデン・ハインド
ドレイク船長が世界一周をした際に乗っていた「ゴールデン・ハインド号」のレプリカ。
写真だから小さく見えるわけではなく、実際小さいサイズの船です。これで世界一周……。
ゴールデン・ハインド号
中は3階層になっており、一番上が船長室らしい部屋でその下が大砲が並んだ2層、そして積荷置き場の最下層。
船のバランスを取るためか、大砲が並んだ層はギリギリ5歳児程度の高さでしゃがんで移動します。

ロンドンからは、エデンブリッジタウン(Edenbridge Town)という駅まで電車で移動。
もう少し近くに「ヒーバー駅」もあるのですが、タクシーがないそうなのでこちらに。
エデンブリッジタウンからはタクシーでヒーバー城まで移動。
本当は予約したほうが良いのですが、時間がわからなかったので直接駅の前にあるタクシー会社でタクシーをお願いしました。

ヒーバー城
ヘタリア World☆Stars 第288話
20190506_124524 (1) ヒーバー城
こちら以前の記事の内容とかぶりますが、ヘタリア World☆Stars 第288話 と比較!
漫画との共通点として、下記の点が挙げられます↓
・角々した長方形の形
・サイドの塔に黒い十字架
・門の前に橋
・歴史ある由緒正しいマナーハウス
※13世紀建造、エリザベス一世母親アン・ブーリンが育った城
・イギリスさん比で見るに小さめのお城
※写真だと分かりづらいのですが、こじんまりしてマナーハウスと言っても違和感ないサイズでした
・宿泊施設あり

難をあげるとすると、アメリカさんが泊まったらしい部屋がみつからなかったことでしょうか。
今回はアメリカさんとイギリスさんの会話から、城に増築された建物に宿泊したのですが、そちらの建物にはアメリカさんが泊まったらしい部屋はなし。
まず泊まった部屋↓自体、リノベーションされているのかあまり古めかしい感じでもなく…。
20190503_173644.jpg

なのでアメリカさんが泊まったのは、お城のそばにあるチューダー朝をテーマに作られた「アスターウィング」という宿泊施設かと思います!
アスターウィングは城を買い取ったアメリカの大富豪アスター氏が作ったもの
特にこの天蓋付きベッドの部屋は、アメリカさんが宿泊された部屋に似ているように見えました。
この施設は作られたのは20世紀初めなのですが、懐古趣味の富豪がチューダー朝当時を模して建築したそうで当時の、建材なども使われているようです。
できる限りその頃の建築を再現して作ったそうなので、床の木材のくぼみなどもそのまま再現されているかなと思いました
なのでアメリカさんが泊まったところに!という方は、ぜひアスターウィングの方をご利用ください(`・ω・´)つHever Castle
ただ、あくまで私が本などで探した範囲で見つけたお城なので、もし違っていたら申し訳ありません。
他にももっと条件にあったお城などありましたら、教えていただけたら嬉しいです(≧▽≦)ノシ

こちらの城は庭園が有名なお城で、花盛りの英国式庭園が大変綺麗でした。
英国庭園
英国式庭園はヘタリア World☆Stars 第260話にも登場しています!ただハーブがあるかはわかりませんでした。

ブルーベルの森で。
ブルーベル

夕食は近くのパブでカレーを食べました!
カレーライス
本格的なインド料理ではないですが、とりあえずインドさんちの料理もクリア(ヘタリア World☆Stars 第291話)。
メイン料理自体少なめのごくごく普通のパブメニューにカレーが並んでいて、本当にカレーが身近なんだなと実感しました。

8日目
マーマイト
マーマイト
朝食ではマーマイトも食べてみました!
海苔の佃煮風の味で、予想したほど刺激的な味ではなかったです。
ただ取ったクロワッサンが甘めの生地だったので、これとは合わないかなと思いました。

最終日はお昼の飛行機で帰宅しました。
飛行場まで運転してくださったタクシーの運転手さんが、噂の英国ブランド「極度乾燥しなさい。」を着ていたのが面白かったです。

※※※

旅行全体の感想
楽しかったです!
初海外+英語✕でドキドキしていましたが、中学生未満英語でも、相手の方が一生懸命聞いてくださるので嬉しかったです。
多少は会話が通じること、安全でトイレなども清潔なこと、電車・バスなどがほぼ定刻通り(ロンドン地下鉄は遅延も多いそうですが数も多いのであまり問題なし)などなど、海外旅行初心者にはいい国だと思いました。
ただ今回は親切な方に助けていただいてしまうことが多かったので、次に行くときはもっと英語を勉強して、その他のこともスムーズに行動できるようになりたいです!

また今回の旅行は「ヘタリア World☆Stars」に登場した場所に行く、という目的があったので、イングランドのあちこちを回ることになったのですが、それも楽しかったです。
行く前は不安だったのですが、地方の電車やコッツウォルズのバスに乗れたのも良い経験でした。
何より、漫画に登場した場所(または登場したと思われる場所)に、実際に行くというのは本当に感動しました!
勝手な想像ですが、今回のイギリスさんとアメリカさんの行程は、実際にひまさんが行かれたところを参考に描かれたのではと想像しているので、5巻にはぜひひまさんの旅行感想や写真なども拝見したいです!!
※一応根拠:過去の竹林ほかだと、イギリスさんちについてのひまさんコメントは全て伝聞系。今回の旅行シリーズでは実際に体験したことのようにコメント。

あと他の国もそうかと思いますが、キャラソンを聴いておくと、「トラファルガー広場」や「ブルーベル」を見るだけでテンションが上げられるのでおすすめです!
単行本化済の漫画の場所に行かれるなら、電子書籍は荷物にもならないので便利かなと思います(=´▽`=)ノ
関連記事
[ 2019/05/19 21:01 ] 海外旅行記+α | コメント(2) | Edit
7・8日目の旅行記アップありがとうございます!
衛兵交代式、憧れます...!
独立戦争の軍服は見たかったですよねヽ(;▽;)ノ

頭痛もあったのですね...
旅行の疲れもでたのかもしれませんね。

バンケティング・ハウス、面白い仕様ですね〜!
ゴロゴロしながら眺められるなんて、ユーモアもありますし贅沢です( ˊᵕˋ )

アスターウィングのお部屋もアメリカさんが泊まった所に似てますね!
特にベッドの感じとか...
ひまさんも泊まられたのでしょうか(ノ∀`笑)

マーマイトのミニがまさかのハート型でクスッとしました(ノ∀`笑)
意外と平気な人もいるみたいですね?
私も食べてみたいです(笑)

充実した8日間だったようですね♪
もう疲れは取れましたかね?
また色々な国や場所に行けると良いですね(*´∀`*)
[ 2019/05/20 00:01 ] [ 編集 ]
コメント続きです
独立軍服は、楽しみにしていたので本当に残念でした。・゚・(ノ∀`)・゚・。
それから今回行けなかったのですが、V&Aという博物館も服飾メインの博物館なので、
ヘタリアで登場した衣装の元ネタ探しにも楽しそうでした。
イギリスさんちでなくて、世界中のいろんな洋服が展示されているそうです( ´∀`)つhttps://www.vam.ac.uk/collections?type=featured
バンケティング・ハウスは、観光よりロンドン散策の休憩場所におすすめかもしれません。
穴場なのか広いホールにお客さんは10人もいないくらいで、みなさんゴロゴロされてました(笑)

記事でも書きましたが、今回の旅行って絶対ひまさんが実際に行かれたところを参考にされていると思うんですよね!
最後に描かれているマナーハウスホテルの解説も、泊まったところを参考に描かれている感じがしますし……。
お部屋はわかりませんが、もしひまさんもこのホテルに泊まられていたとしたら嬉しいです。

マーマイト、一応平気だったのですが、少ししか食べていないのでがっつり塗ったらまた違うかもしれません。
とりあえずハートのパッケージは可愛かったです(*´∀`*)

今はすっかり復活したので、今度はイタリアさんちの本を図書館で借りてみたりしています!
ヘタミュが復活したらいつ旅行に行けるかわかりませんし、シエスタ期間中に行っておこうかと(`・ω・´)
毎回暖かいコメントをいただけて、本当に嬉しかったです!
長い記事にお付き合いくださってありがとうございました(≧▽≦)ノシ
[ 2019/05/21 02:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する