インドア国散歩

ヘタリア連載とグッズ、その他ひまさん情報いろいろブログです。

「ヘタリア Axis Powers」旅の会話ブック 番外編 私(日本)の異文化交流記! 感想

旅行本番外編・日本本届きました(≧▽≦)
旅の会話ブック日
「「ヘタリア Axis Powers」旅の会話ブック 番外編 私(日本)の異文化交流記!」では、日本と他国との関わりの深い歴史スポット、建築物、文化などを、「アメリカ」「イギリス」「フランス」など、国ごとにまとめて紹介! 日本各地に残る諸外国との交流の記録を、わかりやすい解説つきで掲載しています。
今回の感想は便宜上全て国名は漢字で表記しています(;´・ω・`)ゞ

描き下ろし→表紙+ちびキャラ日本×8
内容は
・紳士風コート姿の日本(48ページ)
・学ラン眼鏡で微妙に微笑んでる日本(64ページ)
・焼き物職人姿の日本(80ページ)
・剣道袴で真剣日本(96ページ)
・ジャージ姿で行きを切らしている日本と猫(104ページ)
・台風中継日本(112ページ)
・お着物日本+花(120ページ)
・戦隊ヒーローコスプレ?の日本(128ページ) となります。
登場しているのは各国の「ちょっといい話」というコラムページ。
学ラン眼鏡がビートルズの曲が音楽の教科書に載ったエピソードを紹介しているのが可愛かったです(〃∇〃)

また各章初めの会話シーンは今回も健在。これまで以上にたくさんの国が登場します。
なお今回は旅行本ではないので、日本の家にみんなが集まってきて倉庫から出てきた日誌を元に思い出話をするという形になっています。
登場国
プロローグ:伊・日・独・米・英・西・中・蘭・露・仏・丁
アメリカ編:米・日・英
イギリス編:英・日・米・蘭
フランス編:仏・日・英
ドイツ編:伊・独・普・日
ロシア編:米・日・露
中国編:中・日・米・英
オランダ編:日・蘭・英・西・白
スペイン編:西・日・ロマ
イタリア編:伊・独・日
その他:加・日・瑞・土・希・白・波・典・墺
海外風テーマパーク:伊・独・日


こういう方におすすめ
☆海外との交流史などが好きな方
☆ゆるい日本史好きな方
☆国内の史跡めぐりが好きな方
☆日本で活躍した外国人の逸話が好きな方(ラフカディオ・ハーンやウイリアム・アダムス)
☆外国の著名人と日本のエピソードが好きな方(ビートルズやアインシュタインなど)
☆ヘタリアの日本が好きな方


面白かったです(≧▽≦)
これまでのものが単語+イラスト、稀に面白エピソードだったのが、今回は日本の歴史スポット+エピソード、もしくは交流の歴史という内容なので、とても読み応えがありました。
ガッツリ日本史が好きな方には物足りないかもしれないのですが、単純に「外国」と関係のある建物・場所・文化だけに着目して紹介している本、しかもイラスト多めでとっつきやすいというのは結構珍しいのではないでしょうか??
「ヘタリア」のキャラクターが随所に出てくるということを差し引いても、海外と日本の話や歴史上の面白エピソードなどが好きな方は、十分楽しめる内容ではないかと思います。

構成
日本の紹介
・日本の説明
・東京・横浜・京都・大阪・奈良・神戸・長崎・札幌・函館・軽井沢の海外交流1ページ解説
・大雑把な日本の歴史と海外の歴史対比
 ※こちらでは縄文時代から現代までが紹介されていますが、今回の本では江戸時代~開国~明治・大正が主になっています。また各戦いの下にはヘタリアの漫画カット(土最盛期、三十年戦争など)が掲載!6ページしかないのが本当にもったいないです。いっそこれでヘタリア漫画全部年表にして欲しかった。

外国に関連したスポット・アメリカン編
・冒頭会話シーン
以下内容で分けてイラスト+100文字解説が1ページに4個、他情報コラム、1Pointなど
・歴史スポット紹介4ページ(浦賀港、馬車道、玉泉寺など)
・建築物紹介6ページ(長楽館、聖パウロカトリック教会など)
・関連スポット2ページ(アメリカ村、クラーク像など)
・文化・その他(ハンバーガー、ビーチサンダルなど)
・日本と外国のちょっといい話アメリカ編
以下、イギリス編、フランス編、ドイツ編、ロシア編、中国編、オランダ編、スペイン編、イタリア編、その他の国々、日本国内の海外風テーマパーク紹介となっています。
なお上記ページ配分は、各国によってかなり差がありました。


個々の歴史スポットについての解説は勿論興味深いのですが、今では日本にすっかり馴染んだ「綿菓子(米)」「ハム・ソーセージ(独)」などの解説も面白いです。
例えば「トマト(蘭)」ならば、
江戸時代初期にオランダから伝来したとされます。当時は「唐柿(とうがき)」と呼ばれ観賞用で~と、その後食用になるまでがさらりと説明されています。

また補足として「情報コラム」のコーナーも有り、例えば函館ハリストス正教会(露)などついてのページでは、ロシア系正教会についての補足が書かれています。
特に面白かったのが、8割以上のページに記載されている「+1Point」の豆知識コーナー。
これまでの旅行本にもありはしたのですが、大体4ページに1つ程度だったのですが、大幅にアップしていて、それ以上に内容の濃さも大幅にアップ。
例えば外国人で富士山初登頂をした英国大使の解説ページでは、
富士山に初めて登った女性の外国人もイギリス人。イギリス公使ハリー・パークス夫人が、夫ともに幕末の1867年に登頂しています。」と、本文だけでも面白いのにさらに詳しく紹介してくれるなど、まさしくトリビアな内容が至る所に書き込まれています。
もちろんほぼ「単語帳」として作られている今までの旅行本と比較するのは平等ではないのでしょうが、ページ数こそ差はありませんが、無駄なスペースが減りあきらかに文字数も増え、一番読み物として面白かったです。

あと多分かなりマイナーな史跡も紹介されているような??
近くなのですが「ケペル、ツェンペリー記念碑(典)」とか知らなかったです(;´∀`)
あと記念館の設立者とかなんとか…………なんで今回こんなに詳しいんだ。
ヘタ絡み本に地元出た記念。
jp_nagasa.jpg
かわいいかわいい(〃∇〃)
あとやっぱり諫早君は擬人化と違うのかな(?_?)

描き下ろしの日本さんもどれも可愛いですし、何より内容がかなり良かったです!
日本さんが好きな方にも、日本の外国エピソードが好きな方にも、どちらにもおすすめの本でしたヽ(=´▽`=)ノ

9月4日追記:拍手ありがとうございます!
日本さん本本当に面白いので、日本さん好きな方も日本史が好きな方もおすすめです(≧▽≦)
それから購入してからダラダラとページをめくっては読みふけっているのですが、1つどうしてもいいたいことがあったので一言。
全史跡の場所書いた日本地図付けてください!!
ものすごく面白いのですが、国でまとめられているのでどの県にはどんな史跡があるかとか、地理上のことがかなりわかりづらい構成になっています。
おそらく日本の都道府県の半分以上の史跡が紹介されているのではないかと思うので、いっそここは聖地巡礼………ではなく、史跡巡礼マップなんかを付けてくれていたら、パッと身近な史跡が分かっていいなあと思うのですが!
あと旅行まではしなくても、どの県がどこの国の史跡が多いとか比較したりとか楽しそうヽ(=´▽`=)ノ
それ以外は本当に良かったです!あと冒頭のキャラの会話も、初期のものから段々こなれてきている気がするのは気のせいじゃないはず(`・ω・´)普段見ない国もたくさん出ていたのでそれも楽しかったです。
勿論ひまさん描き下ろし日本も(一部どういうシチュエーションだっ?!というのはあれどw)、全部かわいかったのも良かったです♪

9月6日追記:コメントと拍手ありがとうございましたヽ(=´▽`=)ノ
続きはコメントを下さった方への返信になります。





> 9月5日に拍手からコメントを下さった方へ
こんばんは!コメントありがとうございますヽ(=´▽`=)ノ
お名前が一緒なのですが、もしかして以前コメントからコメント下さった方でしょうかヽ(〃ワ〃)ノ
以前頂いたコメントのドイツ語がなんだかとても自然でびっくりしたのですが、留学されている方なら納得です!
そして「ちびさんデイト」ドイツでも売っているのですかΣ(゚Д゚)
ヘタリアの海外展開は聴いていましたが、「ちびさん」は国内だけと思っていました!
ユーロ、ググったら今だと約1300円くらい?とか(;´∀`)やっぱり日本より高いんですね。
私は留学どころか国外に行ったこともないですし、よその国(しかも英語圏ですらない!)ところで勉強されている方は本当にすごいと思います。しかもドイツ語は難しいとよく聞きますし……。
ヘタリアは、自分にとってはまいっている時の特効薬みたいな感じです。
そもそも「国」という関係からどう考えても純粋に仲良くというのは難しいと思いますし、喧嘩や言い合いはもちろん多いですが、なぜか眺めていると元気になってきてしまう不思議(*ノ∀`*)
自分の場合は大したこともない悩みでしたが、コメントを拝見して似たように感じてらっしゃるのかな?と思い、嬉しくなりました。
コメント本当にありがとうございました(≧▽≦)それからどうか、体にだけは気をつけてくださいね。

関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する