インドア国散歩

ヘタリア連載とグッズ、その他ひまさん情報いろいろブログです。

7月12日はリヒテンシュタインのお誕生日です

rihisan1.jpg
Alles Gute zum Geburtstag!

イラストは「ブログのような竹林2号機」様「捷・斯「うちにあったお前の財産ありがたく使わせてもらいました」列「えっ」」からお借りしました。

もう一つ、「ブログのような竹林」様からリヒテンシュタインマンガ:リヒテンシュタインの兄バカ日誌
※続きの「リヒテンシュタインとふしぎなお兄様」は2019年7月11日時点で未移転でした。

7月12日はリヒテンシュタインのお誕生日です(*´∀`)o∠☆゚+。*★゚+。*゚
というわけで今日はリヒテンシュタインの誕生日のことを、ちょっとググってみました!
いつものごとくソースはwikipedia+αなので、もし興味おありでしたら、ぜひそちらもご覧くださいヽ(=´▽`=)ノ

リヒテンシュタインの建国記念日は、8月15日。
では7月12日はというと、神聖ローマ帝国からリヒテンシュタインが独立した日になります。

1719年、神聖ローマ皇帝カール6世は、リヒテンシュタイン家が買収したファドゥーツ伯爵領とシェレンベルク男爵領とを併せてリヒテンシュタイン公(侯)領とすることを認可。
神聖ローマ帝国に属する領邦国家、リヒテンシュタイン公国として認められて、当時のドイツに数多く存在していた領邦のひとつとなりました。
しかしその後もリヒテンシュタイン家は、ハプスブルク家を主君として仕え、18世紀末には当主ヨーハン1世がオーストリア軍の司令官に就任もしました。

ところが、1806年神聖ローマ帝国が崩壊(これはリヒテンシュタイン独立よりも少し後の1806年8月6日)。
属していたドイツの諸侯が帝国を離脱していく中、リヒテンシュタインもまた7月12日独立小国となりました。
そして翌年、リヒテンシュタインはライン同盟も参加。1815年にはドイツ連邦に加わることになります。
そしてウィーン会議ではドイツ連邦に参加しましたが、オーストリアとスイスに挟まった位置のために1871年のドイツ帝国結成には参加することなく、そのまま独立国の君主として残ることになりました。
この近辺の歴史については、先のリヒテンシュタインのマンガのところで詳しくまとめられていますので、ぜひそちらご覧ください(`・ω・´)ゞ

wikipedia:リヒテンシュタイン/リヒテンシュタイン家/神聖ローマ帝国

ちなみにこの7月12日は、現在のリヒテンシュタインでは、特に祝日とはされていないそうです。
また8月15日が建国記念日の理由なのですが、ググった範囲だと見つかりませんでしたので、そちらも分かり次第追加したいですm(_ _)m
7月13日追記:コメントから教えて頂きました!
8月15日が建国記念日の理由は前公爵のフランツ・ヨーゼフ2世の誕生日が8月16日だから、とのことでした。
ソースはリヒテンシュタイン政府観光局サイトからKultur&Kulinarik(文化&料理)→LiechtensteinerStaatsfeiertag(リヒテンシュタインのナショナルデー)へと進んだページで、その日のリヒテンシュタインの様子の写真なども掲載されていました(≧▽≦)ノシ
お誕生日は16日なのですが、ナショナルデーは15日になるのだそうです。
それからフランツ・ヨーゼフ2世については一応日本版のwikipediaにもページはありましたが、ドイツ語のwikipediaの方が詳しく紹介されていました。
コメント下さった方、本当にありがとうございました!

2018年7月12日追記:リヒテンシュタイン政府観光局サイト内容が変更され、ナショナルデー説明が見つけられませんでした(_ _;)
写真は少ないのですが、代わりにリヒテンシュタイン公国公式サイトのナショナルデー解説にリンクを張っておきます( ´∀`)つFürstentum Liechtenstein:National Day

※※※

訂正:文中7月12日が7月15日になっていたところを訂正しました。
コメントから教えて下さった方ありがとうございます!

7月13日追記:拍手ありがとうございますヽ(=´▽`=)ノ
それから8月16日についてコメントから教えて頂きましたので、追記しました。
教えてくださった方、本当にありがとうございます(≧▽≦)ノシ

2019年7月11日:キタユメ。様閲覧不可のため、リンクを「ブログのような竹林」様に変更しました。
関連記事
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/07/12 21:11 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> コメントくださった方へ
すみません、日付間違っておりました。
先程修正致しました。ありがとうございますm(_ _)m
[ 2014/07/12 21:21 ] [ 編集 ]
8月15日が建国記念日の理由はリヒテンシュタイン政府観光局のサイト(http://www.tourismus.li/de/)のKultur&Kulinarik(英語だとCulture&cuisine)→LiechtensteinerStaatsfeiertag(英語だとLiechtenstein national holiday)
のリンク先(つまりはこちらhttp://www.tourismus.li/de/Kultur-Kulinarik/Brauchtum/Staatsfeiertag.html
によると
前公爵のフランツ・ヨーゼフ2世の誕生日が8月16日だから、ということらしいです。
クリスマスの前にクリスマスイブをするような感じなのかな?
西洋事情は複雑怪奇です…。
[ 2014/07/12 23:50 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
詳しく教えてくださってありがとうございます(≧▽≦)ノシ
アドレスや該当ページタイトル教えて頂けたので、すぐ見つけることが出来ました!
多分サイト名だけだったら、ずっと見つけられなかったような気がします(;´∀`)
wikipediaをのぞいてみても見つからなくて、諦めていたところだったので嬉しいです!
16日が誕生日なのに、15日が記念になるのは不思議ですね。
やっぱりイブ的な何かなのでしょうか(?_?;)

先程記事の方に教えて頂いたこと追記させて頂きました。
コメント、本当にありがとうございましたヽ(=´▽`=)ノ
[ 2014/07/13 21:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する